内部留保なし、ボーナス500万円の経営内容公開中 - インターネットで情報起業



アマゾン

楽天市場

 

内部留保なし、ボーナス500万円の経営内容公開中

内部留保なし、ボーナス500万円の経営内容公開中


2009年6月23日放送「カンブリア宮殿」から。

-------------------------------------------------------

広島でメガネの販売チェーン「21」を展開する、
平本清(ひらもときよし)。

「メガネ21」専務。

「ノルマなし」「内部留保なし」「社員ボーナス500万円」
「銀行借り入れなし」

次々に“企業の常識”の逆を行き、快進撃を続ける。

さらに、驚くべき常識破りの事実があった。

「社長はお飾り」「管理職なし」

更には「社員の給与、査定は社内ネットで全社員に公開」…

スタジオでは、カイシャ社会の革命児・平本の考えに
「管理職」30人が反論!

「後輩指導のために」
「チームを統括するために、管理職は必要だ」

平本も、淡々と語る。

「有能な上司に会えればいいいですけど、全員がそうじゃないでしょ」

「うちはマッチングが合わなければ、変えられる良い
仕組みがありますから」


【会社にお金は残さない!社員とお客に還元する】

内部留保…それは、企業が会社の売り上げから原価や人件費、
株主配当等を引いて残ったのもの。

多くの企業は経営危機に備えてこの内部留保を会社に残している。

しかし使途不透明の会社があったり、さらに雇用情勢の悪化などから
内部留保の溜め込みには批判もある。

「21」は内部留保を持たない。

その代わりに社員とお客に賞与と低価格というかたちで還元される。

【社員が株主!銀行からお金は借りない】

21では銀行から資金を調達せず、運転資金は社員からの
出資で賄っている。

197人の社員中150人が出資しており、総額は約10億円
(21本体で。グループ全体だと20億以上)に上るという。

社員は銀行の預金金利よりも高いリターンを得ることができ、
ウィン・ウィンの関係が成り立っている。

また、社員が独立してフランチャインズ店を出す時なども、
社内で出資を募ることになる。


【情報共有でムダを省け、超合理化会社をつくれ】

経営データ、全社員の評価・給与・・・21の社員は実はイ
ントラネットを通じて社内のあらゆる情報を閲覧することが出来る。

しかもただ閲覧できるだけではない。

全社員がイントラネットを通じ意見表明や発案をすることができる。

そのため会議は一切なし、稟議書なし。

85億円を売り上げるチェーンをコントロールするのは、
わずか8人で行っている。

このように社内の全情報を共有して経営に関わり、前述のように自ら
お金を出すことで社員1人1人が経営者のような感覚で働くことができ、
それはモチベーションアップや将来の独立にも繋がっていく。


≪ゲストプロフィール≫

平本清(ひらもときよし)

1950年 広島県生まれ。
1968年 高校卒業後、広島大手のメガネチェーン店に入社。
    抜群の売り上げ成績を上げ、26歳で本店副店長就任。
    1979年には商品部長に就任する。
    1986年、社長交代劇に巻き込まれリストラ、解雇される。
    そして同じく会社を解雇された4人でメガネの21を設立する。
    現在、21は広島を中心に全国120店舗以上、
   年商85億円のチェーン展開をするまでに成長。


YouTube 無料動画

内部留保なし 社員ボーナス500万の会社 メガネ21
番組 カンブリア宮殿 2009年6月放送 7分
http://www.youtube.com/watch?v=K6Gn0qkqoU0
ここは記事下のフリースペースです


アマゾン

楽天市場

  ダウンロード販売のインフォカート