24個目吉江勝×木戸一敏×後藤勇人「コンサルタントには誰でなれる、3つの秘策」 - インターネットで情報起業



アマゾン

楽天市場

 

24個目吉江勝×木戸一敏×後藤勇人「コンサルタントには誰でなれる、3つの秘策」

50個の起業・副業 24個目
「コンサルタントには誰でなれる、3つの秘策」 
吉江勝×木戸一敏×後藤勇人の3人による夜中の大激論

ZIPファイル54M,ダウンロード9分。
音声1時間。電話でのインタビューらしい。

内容

コンサルタントには誰でなれる、3つの秘策

秘策1 
「クライアントが求める1つの事を聞く。それを解決する。」
たとえばホテルの集客。
1階のレストランを充実させるよう指導した。
ワインなど特徴を出す。看板料理など。

秘策2
「相手の悩みを否定しないで聞いてすべて引き出す」
「答えはクライアント自身に隠れている、的確な質問で引き出す」

社長から相談。定員10人の会社。社員が大量にすぐに辞める。
号令の一方通行で社員の話を聞かなかった。コミュニケーション不足。
型にはめる社員教育をしていたのが原因。
まず社長の話を聞いて否定せずに同意する。そういう悩みはよく聞く等。
信頼を受けてからアドバイスしていく。
「おつかれさまでした」より「ありがとうございました」と言う。
社長は社員にも「ありがとう」と言う。
家庭でも「ありがとう」を言う。

秘策3
「場の力を利用する」
一人の悩みを大勢で聞いて解決策を出してもらう。
交代で悩みを話す。そういう場を作る。

何のために成功したいのか、を追求していくと
最後は「幸せになるため」。
売上1.5倍にしたい、という質問に
「1.5倍にしたら幸せですか?」と返された。
もちろん嬉しい、と答えた。「幸せになるために
何をしますか?」という方向で話をした。
目標のために明日できること、やることは
何ですか?をコミットメントする。
ここは記事下のフリースペースです


アマゾン

楽天市場

  ダウンロード販売のインフォカート