ネットで靴を売って0から売上10億ドルの方法とは・・・ - インターネットで情報起業



アマゾン

楽天市場

 

ネットで靴を売って0から売上10億ドルの方法とは・・・

ネットで靴を売って0から売上10億ドルの方法とは・・・


本「ザッポス伝説 顧客が熱狂するネット靴店」
著者 トニー・シェイ(ザッポスCEO)

内容

ザッポスはラスベガスのネット靴店。
靴のオンライン販売でアメリカ最大。
トニー・シェイはザッポスを0から立ち上げて
売上10億ドルにまで発展させた。
2009年にアマゾンはザッポスを12億ドルで買収。

台湾人の両親から生まれてアメリカ、イリノイ州で育ったトニー・シェイ。
小学校時代から不要品のガレージセールをする。
中学時代は、郵送で写真を受け取ってバッチにして
送るビジネスで月200ドル稼いでいた。
ハーバード大学へ。さまざまなバイトをして人脈を作る。
卒業してオラクルに入社、企業のウェブサイトを作るサイドビジネスをする。
オラクルを辞めてベンチャーに集中。広告表示のリンクエクスチェンジで
広告枠を売る。

「リンクエクスチェンジ」では友人を集めて25人で楽しくやっていた。
ところが100人ぐらいになって金儲け目的での行動になった。
仕事がワクワクしなくなり、出社したくなくなった。
どうすればハッピーに仕事できるかを考えるようになった。
クリエイティブで独創的でいると幸せだった。
何かを生み出し育成する機会がネットにあった。

「リンクエクスチェンジ」は1999年にマイクトソフトに
2億6500万ドルで売却(トニー・シェイ24歳の時)

アマゾンの靴バージョンをやりたいという話が来た。
ネット通販はカタログ通販と同じくらい伸びると判断、出資。
ザッポスを始める。CEOになって本格的に経営。

注文は順調だが取引先の倉庫会社が発送できない。
自分達で倉庫を用意してシステムを整えた。
自分達のコアコンピテンシーは絶対にアウトソースしてはいけない、と学んだ。

ザッポスはラスベガスに移転。知り合いがいないので
社員の団結力は高まった。

カスタマーサービスに力を入れる。
ザッポスの文化を正式に定める。
1 サービスで「ワオ!」という驚きの体験を届ける。
2 変化を受け入れ変化を促進する
3 楽しさとちょっと変なものを創造する
4 冒険好きで創造的でオープンマインドであれ

ザッポスの目的は世界に幸せを届ける事。
ではあなたの人生のゴールは何ですか?
それはなぜ?


感想

ザッポスの宣伝書。しかし目指す姿勢はすばらしい。
創業して一度は金儲けの会社になってしまい売却して再スタート。
より良く変わっていこうとしている。
トニーシェイの両親は台湾人で、アメリカ、イリノイ大学で知り合って
結婚してアメリカに住んだ。だからメンタリティは完全にアメリカ人。
うらやましい。せせこましい暗い日本と違ってハッピーに生きられる。
子供の時からお金を稼ぐ、という教育を受けている。
ハーバード大学はやはりそんなに凄いのか。
社長を作るための授業。実例の問題の意思決定を1日3件ずつ
議論してやっていき、毎年5%が脱落するほどハードだと別の本で読んだが。
アマゾンの靴バージョンで成功。じゃあ他でもできそう。
英語圏でスタートできれば・・・


顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか

新品価格
¥1,680から
(2011/12/4 09:12時点)



顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
本 著者トニー・シェイ
発売元:ダイヤモンド社
発売日:2010年12月03日
ここは記事下のフリースペースです


アマゾン

楽天市場

  ダウンロード販売のインフォカート